シャムロックの丘 Shamrock Hills

ブログパーツUL5
<< サイズ | main | 自業自得 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
Power
晴れろ!晴れろ!

朝の7時15分、小学生達の掛け声が街中に響いた。

うっすら雲が掛かった空には時折三日月のような太陽が顔を見せていた。そしてどんどん輪っかへと近づいて行く。

金環日食。なんと932年振りらしい。

きっと皆さんもいろんな手段でおんなじ時間に空を見ていたに違いない。
僕はメガネを買い忘れ、肉眼で見るということに。
うっすら広がる雲が光を和らげてくれて、肉眼でも綺麗に見ることができた。


7時30分頃、ワァー!!っと歓声が聞こえた。
空を見ると、綺麗に太陽と月が重なっていてとても幻想的だった。
しばらくボーッと眺めていると、赤い線が僕の目に飛び込んでくるような感覚になった。それは強い二つのパワーだったように思う。
そして5分後、厚い雲に太陽は隠れ、小学生達の声も静かになった。

金環日食。
なんだか本当に凄いものを見せてもらいとても感動した。

そして何時の間にか僕のパソコンはこんな写真になった。笑



感動をありがとう。

Diary 00:42 comments(0)
スポンサーサイト
- 00:42 -
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
* Contact * kurainatsuki@gmail.com
CATEGORIES


SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode